質の良いホームページはユーザーファーストSEOを意識する

SEO

ユーザーファーストSEOとサイトの表示速度

パソコン

ユーザーファーストSEOの方法にはいくつかのやり方がありますが、その中で初心者が意外と見落としがちなのが、サイトの表示速度です。サイトの表示速度が遅い場合、たとえ検索結果ページにあなたのホームページが表示されても、クリックしてからサイト表示までに時間がかかりすぎて、ユーザーが戻るボタンを押してしまう可能性が高くなります。そのため、ユーザーのサイト訪問を妨げてしまうばかりか、ユーザーファーストでないページとして、検索エンジンの評価を下げてしまいます。

ユーザーファーストSEOの一環として、サイト表示速度を改善する方法としては、AMP対応という施策もあります。ページをAMP対応させるだけで表示速度を圧倒的に速くすることが可能ですが、AMPページにはサイトデザインなどの点で制約も多くなります。そのため、デザイン性をアピールしたいホームページについては慎重に検討するべきでしょう。

サイト表示速度をスピードアップさせるには、AMP対応以外の方法もたくさんあります。ただ、ユーザーファーストSEOとしての表示速度改善に関してはやや専門的な知識が必要となりますので、不安な人はSEO業者などに相談してみるのもおすすめです。

これからのSEO対策ではユーザーファーストSEOが基本

SEO対策の手法を紹介している記事や書籍はいろいろありますが、ユーザーファーストSEOに触れられていないものは、正直信用できないものとみて良いでしょう。数年前から言われていることですが、検索エンジンはユーザーファーストをうたっていますし、今時のSEOでユーザーファーストSEOに言及していないものはありません。
ユーザーファーストSEOとは、ユーザーの利便性を追求することで検索順位を上げることです。現在のSEO対策において、これは基本中の基本ですので、これなしに検索順位を押し上げることはほぼ不可能だと考えて良いです。では具体的にユーザーファーストSEOとは何をすればいいのでしょうか。
SEOの知識が少ないホームページ運営者でも今すぐできることは、ユーザーのためにサイトコンテンツを充実させることです。つまり、記事のボリュームや数、クオリティを常に高く維持することが求められます。また、内部施策を行い、訪問者にとって役立つ記事がサッと探し出せるようなサイトを提供することも効果的です。さらに、ホームページを素早く表示させ、訪問者のストレスをなくすことも重要でしょう。このようにユーザーファーストSEOにもさまざまな方法がありますが、できることから一つずつ行うようにします。また、専門的な手法についは、SEOのプロのアドバイスを仰ぐことも効率的です。

ユーザーファーストSEOの基本!質の良いコンテンツとは何か

ユーザーファーストSEOが叫ばれるようになって久しいですが、検索エンジンがその精度を上げる中、ますますその傾向が高くなりつつあります。このため、今後のSEO業界では、ユーザー利便性を考慮していないウェブサイトは、どんどん淘汰されることになるでしょう。
ユーザーファーストSEOで最も基礎となるのは、良質なコンテンツ作りだと言われます。しかし、「良質なコンテンツ」という表現はとても漠然としたものですが、具体的にはいったいどうすればいいのでしょうか。良質なコンテンツとは、ユーザーにとって必要な情報を提供できているコンテンツということです。通常、検索エンジンからウェブサイトへ訪問するユーザーは、何らかの疑問や問題を抱えており、それを解消・解決したいと願っています。
ですから、キーワード検索においてあるキーワードの検索者がどのような悩みを抱えているのかを想像し、それに答えを提供するようなコンテンツを作ることが大事です。想像力と情報収集力、そしてコンテンツ作りのためのスキルが必要となる作業ですが、これこそが最良のユーザーファーストSEOといっても過言ではないでしょう。ホームページ運営には、このようなユーザーファーストのためのコンテンツ作りを念頭に置いておくことが大切なのです。